楽ラップの手数料体系はどんな感じ? | 楽ラップの評判まとめ

楽ラップの評判まとめ
Home » 楽ラップの評判 » 楽ラップの手数料体系はどんな感じ?
楽ラップの評判 | 08月31日更新

楽ラップの手数料体系はどんな感じ?

ここでは、楽ラップの手数料について紹介しています。
楽ラップとは、楽天が運営する、ロボアドバイザーによる資産運用サービスのことです。
いくつかの質問に答えるだけで資産運用のスタイルを導き出し、投資、運用、ポートフォリオのリバランスまでをすべてやってのける優れた自動運用サービスになっています。
大手の楽天が運営していることからサービス自体の信頼性も高く、年々利用者が増えてきているのが特徴です。

楽ラップの運用に係る手数料は、固定報酬型と成功報酬併用型の二つのタイプを選べます。
こちらは投資家自身が選ぶことが可能で、投資のスタイルによって選択するといいでしょう。
固定報酬型というのは毎月の運用資産残高に、投資顧問料や運用管理手数料などを加えた利率をかけた金額が適用されます。
一定額の手数料率になりますので、投資運用がうまくいけばいくほど、手数料が割安になっていきます。
一方、成功報酬併用型というのは、固定報酬に成功報酬を加算する手数料プランのことです。
固定報酬利率が固定報酬型と比べて低く設定されているかわりに、運用がうまくいった時の成功報酬を運用益のパーセンテージで支払わなければなりません。

どちらが得かというのはその時の相場環境にもよりますが、不安な場合は、一定額のみの手数料を徴収される、固定報酬型を選んでおいた方がいいでしょう。
注意しなくてはいけないことは、運用益が出なくても固定報酬手数料が加算されてしまうということです。
これはどちらの手数料タイプでも同じことが言えますので、マイナス圏で運用が推移している時は成功報酬併用型の方が、手数料負担が低くなります。

このように楽ラップには、独自の手数料体系でロボアドバイザーを使った資産運用サービスが提供されています。
他社にも、同じようなサービスを提供している業者がありますが、楽天というブランドがある分、安心して資金を預けられるのではないでしょうか。

これまで、自分で投資を行ってきて損をしてきた人は、プロレベルのロボアドバイザーサービスに任せた方が、安全に運用してもらえます。
もちろん元本保証はされていませんが、他のリスキーな投資商品を自分でトレードするのと比べて、はるかにリスクが少ないため、投資でなかなか勝てないと感じている人は、このような自動の資産運用の導入を検討してみるべきです。
ロボアドバイザー投資が気になる人は、楽ラップの資産運用サービスをチェックしてみると良いでしょう。